2016年11月14日

コンセプト創造研究所は、エトランジェコスタリカの販売代理店になりました。

コンセプト創造研究所は、エトランジェコスタリカの販売代理店になりました。

国内で開発・製造をし、品質に高い自信を持ったエトランジェコスタリカ(etranger di costarica)を、お求めやすい価格でご提案致します。

コンセプト創造研究所 代表伴より
『エトランジェコスタリカは友人の紹介で代理店のお話を頂きました。以前から私も質の高さを気に入ってノートやペン、ファイルなどを使っていましたが、正直なところイタリアメーカーと思っていました。文具系の作りの良さは折り紙付きで、少し余分な位まで強度や材質が高められており業務用でも十分に使える商品です。また、宿泊施設備品卸しの商事会社のカタログではあまり見ない”高品質な商品”を多く取り扱っており、当社支援先や当HPをご覧になっている皆様に自信をもってご紹介できると判断し販売代理店契約を結びました。世の中でよく見かける商品なら当社で取り扱いをする必要はないと思っていますが、デフューザーやアメニティ類は特に良い商品で、なんと言っても国内メーカーにありがちな鼻に付くにおいが無いですし、デザインが良く高価格帯のホテルでもご利用頂けます。まさに海外の高級ホテルってこういう香りだったよね。っていう香りです。少々高価ですが、それなりの効果を見込めます。また文具類はお安くお求め頂けるので、おススメです。』


取扱ブランドのご紹介

(各画像をクリックすると専用サイトに移動します)
プリント

エトランジェコスタリカ(etranger di costarica)とは、1985年創業の主に文具を開発、製造、販売する会社です。デザインからは想像できませんが、実はバリバリの国産(広島県)のメーカーです。
主力製品である手帳やカレンダーなど、約2000アイテムのステーショナリーを自社で開発・製造し、素材・色・写真やイラストを巧みに使うという発想で、新しいステーショナリーのスタイルを築き、エンドユーザからも熱い支持をいただいています。


プリント

merakiは、ギリシャ語で「LOVE」「PASSION」を意味します。スカンジナビアの美しさと、自然の恵み、そこからインスパイアされて生み出されるクリエイティブなデザインやライフスタイル。 merakiは、そんなライフスタイルにこだわりを持ち、日々を丁寧に暮らしたいひとたちをイメージして作られました。デンマークで生まれたmerakiは、可能な限り高品質の素材や成分を選択し、体と心の両方を満たす美しさと 思いやりのある製品を開発しています。


プリント

PLANTES & PARFUMS (プラントゥ エ パルファン) はプロヴァンスのラベンダーの中心地 Sablet (サブレ) にあります。1983年の創業から今日まで PLANTES & PARFUMS は、豊かなテロワール(=生産を取り巻く自然環境)で育まれた良質の植物と香料を原材料に自然品質のフレグランスを生み出しています。PLANTES & PARFUMS のプロヴァンスの自然の香りとノスタルジックな世界に想像を膨らませて、幸せなひと時へ。


clutchpen

1899年Ehmannによって創設された、南ドイツ・ニュルンベルクの老舗木工製品メーカーです。木のぬくもりと洗練されたデザインに加え、品質の良さで定評のあるイープラスエムの木製筆記用具。
鉛筆の原型から生まれた取替え式ペンの様式を受け継ぎ、丈夫で長く使える商品を作るために多くの製造工程が施されています。ハイセンスな宿のチェックインカウンターやサインの際におすすめ。


top-mille-025

イタリアのエアーデザインブランド”Millefiori”は、”Air Design”のコンセプトのもとイタリア ミラノで創設された総合フレグランスブランドです。今や会社のシンボル的なアイテムへと成長したスティックディフューザーをはじめ、カプセル式のフレグランスディフューザーやカーフレグランス、ランドリー商品、ボディケア、アロマオイルと生活のあらゆるシーンで上質な香りをお楽しみいただけます。国産にありがちな花に着くにおいはなく、香りにうるさいお客様でも十分満足させる香りを届けます。


top-bc-01

自分磨きを怠らないパリジェンヌ。美しい街並みを歩く、キラキラと輝く彼女たち。個性的で、仕草や恋愛ライフスタイルをめいっぱい楽しんでいます。 blancremeはそんな彼女たちのバスタイムをイメージして開発された ナチュラルボディケアブランドです。ジャムやシロップに使用されるガラスジャーに詰めた色鮮やかな商品は、フルーツやベジタブルなどナチュラルなエッセンスから作られており、思わず食べたくなるような豊かな香りも特徴です。


プリント

エトランジェ・ディ・コスタリカがプロデュースする、プリザーブドフラワーライン "Maison de vert (メゾン・ドゥ・ヴェール)" 造花を用いず、すべてプリザーブドフラワーを使用し、花びらを1枚ずつ手で広げた大輪のローズを用いたりと、モダンで贅沢なアレンジです。


top-stabilo-woody

150年の歴史を持つスタビロは、鉛筆とペンのインターナショナルカンパニー。以前はインクの量やラインの太さがスタビロのセールスポイントだったが、現在はデザイン・トレンド・ライフスタイルの3つが商品のコンセプトとなっている。スタビロが開発した蛍光ペンBOSS は、今も蛍光ペン市場で最も売れている商品として評価されている。


プリント

ユニークなヴィラックの玩具は、トレンドに左右される事なく、あらゆる世代に愛されています。木の特性を熟知した熟練の職人により、一つひとつを手間隙をかけて作り上げられる玩具には、温かいぬくもりと優しさが感じられるはずです。そしてデザイナー達のアーティスティックな感性が、それぞれの玩具に個性豊かに表現されています。


旅館ホテル専門のコンサルティング会社だからこそ、お宿様限定でお求めやすいスペシャルな価格のご提案ができます。ご利用方法やご利用場所、商品ターゲットなど具体性あるご提案を致します。


【お問合せ・お見積もりはこちらまで】
[contact-form-7 id="3734" title="お問合わせ"]

【【宿プロデュース:考】の最新記事】
posted by bantomoskyline at 02:01 | TrackBack(0) | 【宿プロデュース:考】

2016年11月12日

【宿プロデュース:考】クレーム対応はどこまでやればいい?

ある夜にお宿様から急な電話。

「お客さんがカンカンでどうしたらいいですか?海向きの部屋に泊まれるってプランに書いてあったらしく、海が見えないと怒られています。でも、全室海向きだから良いではないかと説明しても、納得してくれません。何て言えばいいですか?満室で部屋の変更が出来ないです。」

こんなケースでも何でも相談に乗るのがコンセプト創造研究所ですので、他の会社ではあまり連絡のないケースでもリアルにあります。だからこの仕事は楽しいです。

販売を伸ばすために宿泊プランを様々なお客様に向けてたくさん造成すると、「あれ?修正するの忘れてた。。。」っていう事が出てきます。逆にこのようなケースが出てこないのは余程厳格にプラン管理をされているか、季節ごとにちゃんとプラン名やプラン内容を変えて、その時期にマッチしたプランを出していないかのどちらかだと思います。

さて、上記の質問の答えは、、、「とにかくこちらに非がある部分を心から謝罪し、今回の宿泊に関わる費用は全額無料にしましょう。」

「はっ?えっ?、、、はっ?そういう答えを求めているのではなく、、えっ?伴さん?」という反応が大体最初のパターンなのですが(笑)、私は本気でそう答える様にしています。なぜならそれが最高の対応だからです。

私が宿をやっている時に、様々なバリエーションでクレーム対応のお詫びを決めていましたが、料理原価分負担や、宿泊の半分、宿泊の20%引き、宿泊の40%引き、宿泊の80%引き、お酒飲み放題、良いお部屋にランクアップ、社長からのお詫びのあいさつなどなど様々な事を精一杯やりましたが、どれも結果は同じでした。それは、「お客様は怒って帰るのです。」当然怒って帰るのですが、それだけやってあげればまた泊まってくれるんじゃないかと思っていましたが、ほとんどのケースでリピーターのお客様は二度と来なくなりますし、初めてのお客様はクチコミに低評価を付けました。

試行錯誤の上に試したのが、「宿に関わる部分は全額無料にして、さらに1泊2日同人数分の無料宿泊券を渡す」でした。そのお客様はきちんと無料宿泊券を利用されて、その後に年2回ほど泊まって頂けるリピーターになって頂きました。雨降って地固まるですね。

多くの宿で同じことを回答しますが、なかなか全額無料+無料宿泊券までの勇気が出なく、半額返金程度にされるケースがあるのですが、例に違わずそのお客様は二度と利用されません。

このようなケースは普通に考えてみると簡単なのですが、宿側からすると「力を入れて作った宿泊プランの僅かな誤りを気にしてなんでそんなに怒るのだろうか?他は全部満足させているはずなのに。。。」と思ってしまうので、私の提案は異次元に感じてしまうようです。しかし、お客様からすると『一部の間違いだろうが予約の段階で一度は他の良さそうな宿を差し置いて「一番のお気に入りの宿」になっているんだ!総旅行費用としては一人3万円以上払っているんだ!家族4人で12万円だぞ!だったらこんな宿選ばなかった!』と思うのが、当たり前なのです。残念ですが、その位旅行のポジションは大きくなってきたのです。

それを理解せずに一部値引きなんて全く効果がありませんし、逆効果になります。なので、潔くお客様の想定する宿側の謝罪案を思いっきり上回ることが大事なのです。

もっと言ってしまうと、そういう時がインターネットへの好印象情報を拡散するチャンスなのです。思いっきり起こるお客様ほど、思いっきり喜んでくれます。喜怒哀楽の振れ幅が大きい人は良くも悪くも、たくさん振れてくれます。良ければ散々SNS(ブログ、Twitter、FACEBOOK、予約サイト、トリップアドバイザー等)で公表してくれます。トリップアドバイザーで10点評価のクチコミが載るだけで、どれだけの売上アップ効果があることか!

一度でいいから試してみてください。

「宿に関わる部分は全額無料にして、さらに1泊2日同人数分の無料宿泊券を渡す」です。

実費は2〜3万円のコストですが、下手な予約サイトの広告の何倍も返してくれますよ。

posted by bantomoskyline at 05:07 | TrackBack(0) | 【宿プロデュース:考】