2014年02月09日

【実践!旅館集客テクニック】 脱ポイントカード必勝法!


旅館ホテルでもポイントカードを導入するというお話って、たまにございます。

a0001_002906.jpg

皆さんはお財布の中にポイントカードは何枚持っていますか?

ポイントカードの特性として女性の方が男性よりポイントカード所持率

及び、枚数は高いです。


参照:

ネットリサーチのDIMSDRIVE『ポイントカード』に関するアンケート

http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2006/060516/index.html


そんな女性が大好きなポイントカード。

100円で1ポイントなどをコツコツと貯めて、200円位になったら

ドーーーーン

と使うわけですよね。

でも、コンビニで198円を買っても1ポイントしかつかなかったりして、

なかなかイライラするものです。


でも、宿泊業に目を向けて考えてみると100円どころか、2万円も3万円も

しますよね。そこで1%が付いたとしたらあっと言う間に

200円!  300円!

こんなに貯まりやすい宿泊業だから!

ポイントカードをぜひ導入しよう!

では、さっそく作ろう!


となって配布しまくってもなかなか当たりません。

当たらない@=リピート化に繋がらない

当たらないA=リピーターすら持ってこない

となることが多いようです。


では、なぜでしょうか?

 ・ カードのデザインがダサかった?

 ・ カードのポイント数が表示されていればよかった?

 ・ カードのポイントが貯まった時の特典がしょぼかった?


さーーーーーーーー

どれでしょう?



残念ながらどれも核心をついていません。


答えは簡単です。


宿のポイントカードなんてお財布にずっと入れておくのは面倒で、

財布が厚くなるし、何よりも使う機会が無い・・・だからお蔵入り。


なのです。


捨てはしませんが、お蔵入りなのです。


例えば思い出してください。

普段いかない地域のファミレスで貰った、

次回ドリンクバー無料券


貴方はまだ持っていますか?

持っている方は、希少価値が高い方か、なんでも鑑定団に出る可能性が高い方です。


そこで考えなくてはいけないのが、

全国民平均年間旅行回数

2回

の日本人に向けて宿が提供すべきカードとは?

ということです。


そもそもカードという物体を忘れなければいけません。

お宿のポイントカードなんて、お蔵入りされた時点で記憶から消去されます。


では、どうするか?

今回は方法を2つご紹介しましょう。


1つ目は、

無くさせない、忘れさせない、捨てさせない

です。


顧客繋ぎ止めツールとして、お客様の日常動線(自宅内)にあるものを

考えてみてください。

朝起きて、会社に出かけるために、身支度して、出かける、帰ってきて、

夕飯を食べて、お風呂に入って、TVでも見て、寝る。

その中にカードに変わる物体を配置してもらうのです。

例えば、ドアノブ

a0006_000971.jpg


例えば、体重計

a1180_009195.jpg


例えば、テーブルクロス

a0006_000027.jpg


こんな日常に必要なものにひっそり宿名と電話番号を刻印して、

カードという物体の代わりに渡しましょう。


え? ドアノブ? 何万円するの?

え? テーブルクロス? 何千円するの?

とお思いでしょうが、その位かける価値があると思いませんか?


リピート客特典は直の予約でしか使えなくて、エージェントに手数料を

支払う必要が無く、何しろお客様が宿のことを熟知していることです。


2回、5回、10回と来て頂ければ、

どうでしょう?


いやいや、カードならもっと安く済むのですが・・・

とお思いの方はその思いを変えなければ勝てる宿にならないでしょう。

その安いツールはみんなが使っている、どこにでもあるツールです。

ドラゴンクエストの最強の剣は、どこの鍛冶屋でも手に入りましたか?(笑)



さて、2つめ。

こちらもおススメです。

カードという物体を無くすのは一緒です。

ポイントカードが無くても、お客様情報で完全管理する方法です。

お客様の情報(お名前、電話番号、住所など)を管理して、ポイントを

管理上に貯めていきます。いつ来ても勝手にポイントが貯まっている

という方式です。


具体的に言うのなら、こんな感じです。

初回宿泊会計時に10000ポイントを自動付与してしまいます。

ポイントは初回宿泊会計日から1ヵ月は毎日100ポイント減っていきます。

1ヵ月目で残7000ポイント。

そこからは、ペースダウンして1日に50円ずつダウンしていきます。

約5.5か月間ポイントが残るのです。

日々ポイントが減っていく・・・

これです!


人は得るものより、失うものの方が怖れを感じるのです。


心理学を利用した、リピーター化テクニック。


ヤバいですね。

こんな事まで出しちゃって・・・。

別にどこかのをパクってるわけではありません、完全オリジナルです。

人の深層心理から導き出しているだけなので、この方法がだめなら

他にも方法はたくさんあります。


カードも何でも意味が無ければ効果が無いのです。

効果を発揮させて、効率を高めましょう!

posted by bantomoskyline at 22:31 | TrackBack(0) | 【実践!旅館集客テクニック】