2014年01月29日

【コンセプターの鉄板グルメ】 ザカウボーイハウスの500gリブロースステーキ




ミッション完了!

3年越しの思いを500gにぶつけました。。。

前回のザカウボーイハウス訪問については、こちらを↓↓↓

ザカウボーイハウスのステーキ 【コンセプターの鉄板グルメ】



さて、今回私が挑んだのはこのデカく、分厚いステーキです。

DSC06508-1.jpg


そして、前回の200gステーキがこれです ↓↓↓

ザカウボーイハウスのステーキ


この違いお分かりでしょうか?

表面積は約1.5倍、厚さは約2倍。

とんでもないタフな奴でした。


でも、霜降りじゃなくてもこんなにおいしいステーキが食べられる!

を証明するようなお肉です。ほんとうにおいしいですので、ぜひ!


さて、

実は今回の再訪ミッションは、このステーキを食べるではなかったのです。

前回の訪問時に500gと頼んでいながら、200gのステーキが運ばれてきた

ことに端を発します。

その200gのリブロースステーキがおいしくて、おいしくて、後悔したことが

今回の再訪理由だったのです。


今回こそは500gのステーキを頼もうと前回の失敗から学んだ方法

をいくつか考えておきました。


(1) 店が『シーン』とするほど大きな声で 『500グラムで!』と言う

(2) 持参のB4サイズのメモ帳に大きな文字で『500グラムで!』と書く

(3) 入店してすぐに、『お前んとこで一番でかい肉を食いに来た!』

   と強烈なインパクトを残しつついう、

と、色々前回のおさらいで考えていたのですが、

いざお店に入ると、

『お前んとこで一番でかい肉を食いに来た!』

と、言えるほどお店は閑散としていなく、

同じく店が『シーン』とするほどのでかい声は出せず、

持参のB4サイズのメモ帳は忘れてしまい 予習は無駄に終わってしまいました。


でも、また200gが出てきたら二度と軽井沢に足を踏み入れられないと

思い、即席のニューウェポンを編み出しました。


まず、

DSC06504-1.jpg

メニュー表の500gを指さす、、、、いやいや これだけでは、

もしかしたら200gを遠目に指していると勘違いされるかもしれない。

ということで、

DSC06505-1.jpg

500g しか見せない。。。


そして、

もう一つがリーサルウェポンで、こう言うのです。

ご  ひゃく  ぐ  ら  む

500g(ごひゃくぐらむ)


このどこかで聞いたことのあるフレーズ風に言うのが

今回のリーサルウェポンでした。

Praying_Hands_freecomputerdesktopwallpaper_1024.jpg


さすがに、日本国民のほとんどが認識するこの一言ずつ言う手法は、

見事に的中して、500gをテーブルまで持ってきてもらうに至りました。


さすが、おもてなし国家 日本!


さて、

今回は、かなり気持ちが入っていたのであっという間に

500gを平らげてしまい、オーナーさんとも一緒に記念撮影を撮ってしまいました。

DSC06518-1.jpg

近隣の観光案内を事細かく教えてくれて本当にありがとうございました。


ザカウボーイハウス 最高!

http://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20000179/

幸あれ!



ブログバナー(Q&A).jpg
posted by bantomoskyline at 19:31 | TrackBack(0) | 【コンセプターの鉄板グルメ】