2014年05月09日

【旅館プロデュース:考】 チェーン系宿に勝つ!生き残り策


毎月毎月、全国各地でチェーン系のビジネスホテルと言われるホテルが

新規オープンしています。


新しい店舗が出来るとなんだか地域が活性していいですよね。


でも、同業者の宿の皆さんからすると、

『 えっ。 また出来たの? また奪われる・・・ 』

なんてネガティブなことを考えたりしていませんか?

a0002_008024.jpg

でも、仕方がありません。市場の原理で弱肉強食の世界です。

自らも以前は勝ち残ったグループの一軒だったはずです。


しかしまぁ、チェーン系の宿は強いですよね。

毎月毎月新規店舗を改善改善を繰り返して画一化されたフォーマットで、

出店されていては、一個店で対応するのはなかなか大変なものです。

全国色々な立地条件で発生する諸条件を、クリアしてそれを改善に繋げる

わけですから、万能型のフォーマットが出来上がってきます。

a0002_008892.jpg


では、もう手も足も出ませんか?


いえいえ。そんなことはありません。

チェーン系はチェーン系で生き残りをかけて、切磋琢磨をしていくわけですが、

どうしても同一種類の業態を市場に供給し続けていくと、供給過剰に陥ります。

現在のコンビニを考えるとわかりやすいですよね。

コンビニがミニスーパー化しているのは、もちろん高齢者需要があることは

紛れも無い真実ですが、本質はコンビニの供給過剰なのです。

これ以上、要らない!と市場は反応しているのです。


人は便利なものを追い求める生物ですが、いつか飽きが来る時がきます。

不思議なもので、どんなに良い物でも飽きるのです。

そして、新しいものを欲しくなるのです。


チェーン系ホテルなどがこのペースで供給されていくと、もちろん淘汰される

宿も多いと思いますが、同一種類の業態の供給過剰が起こります。

地域的には大阪などでそれは起こっていて、値下げ競争がかなり激しいですよね。


そこで、ご提案です。

カテゴリーキラーになりましょう。

カテゴリーキラーCategory killer)とは、家電や衣料品など、
特定の分野(カテゴリ)の商品のみを豊富に品揃えし、低価格で
販売する小売店業態。カテゴリーキラーが進出すると、商圏内の
総合スーパー百貨店は、そのカテゴリーの取扱を縮小もしくは
撤退に追い込まれることからこう呼ばれている。近年では「パワー
センター」と呼ばれる、異業種の複数のカテゴリーキラーで構成
されたショッピングセンターも増加している。


家電

衣料品

医薬品

家具

玩具




(Wikipediaより)


宿を専門店化して対抗していくのです。

阪急阪神第一ホテルグループのレムは、そのいい例です。

img_room_single_main.jpg

レムは快眠をコンセプトにしたホテルで、

眠りに重点を置いたカテゴリーキラー的ホテルです。

実際に宿泊しましたが、素晴らしいホテルでした。

そこそこのお料金はしますが、十分納得感のいくホテルですし、

国民の5人に1人が悩んでいると言われる、不眠症をターゲットに設定する

という、マスをターゲットにコンセプトを絞った形です。


よくターゲット設定で間違っている宿がありますので注意です。

最初のターゲット(需要)設定を絞りすぎて、そこから宿をコンセプトを決めていくと

極小市場に向けての商品しか作れないので、当たったとしても効果が小さすぎて

売上として現れません。


例えて言うのであれば、数ある食品のなかでもお漬物のカテゴリーで、

その中の茄子の需要にターゲット設定するという感じです。

漬物の茄子のバリエーションを甘い、辛い、塩っぱい、苦いを集めても

それを『 うわぁーー。茄子の漬物LOVE! 』 っていう人がどれだけいるの?

ということです。


さて、このようにカテゴリーで一番を目指すことは、

チェーン系宿に対抗するには一番重要なことです。


ホテル系ですと、◯PAホテルさんでしたり、◯横インさんでしたり、たくさんありますよね。

旅館系ですと、伊◯園さんでしたり、大江◯さんでしたりです。

どれも万能系で、且つ安く提供する戦略を行っています。

そこで真正面対決をしても、なかなか勝てません。


そこで、カテゴリーを絞るのです。

例えば、食の中でも『ごはん』でしたり、『お肉』でしたり、

『子供同伴者のみ予約可能』だったり、『60歳以上限定』だったりです。

ごはんであれば、全国20種類くらいのご飯が食べられて、食べ比べできる

くらいのインパクトがほしいですよね。そして、それぞれに合ったおかずが

用意されるくらいのキラー振りを見せないといけないですよね。


パン食が増加していると言われていますが、ごはんを嫌いという人は

多くないはずです。国民の半分は最初のカテゴリーに含まれてきます。

いいじゃないですか、日本一のごはん宿になれば。


人生で一度は泊まりたいごはんの宿になればいいのです。


簡単ですよね。

お困り事がありましたら、お声がけ下さい。何かいいアドバイスが出来ると思います。

それでは。

muryoukeieisoudan.jpg
【【旅館プロデュース:考】の最新記事】
posted by bantomoskyline at 13:04 | TrackBack(0) | 【旅館プロデュース:考】
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96034192
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック