2013年10月01日

【実践!旅館集客テクニック】 オペレーションで創る新しい商品価値



今回は、既存のお部屋で新しい価値観を提供することにより

集客するテクニックをお見せしましょう。


勉強会などで相談を受けると、

『 伴さーん。 部屋をリニューアルしたんだけど、全室同じ部屋に

  してしまって、料金を落とすと全部料金が落ちてしまって困ってるんです。

  何かいい方法ないですかね? 』

なんていう、質問を受けたりします。


『 困ったところから新しいアイデアは創出されるんですよ。

  その悩み最高ですね! 』

とか言ったりして、お話は膨らむのですが、

結構こういう悩みを抱えている方多いのですね。


そこで、今回は一つのソリューションを提供しましょう。


タイトルの通り、

オペレーションで創る新しい商品価値

です。


まずは見てください。

和室1.jpg
良くある感じの和室の平面図です。

ここに、いろんな装飾物が配置されてお部屋になるのです。


こんな感じで ↓↓↓↓ 。

和室2.jpg
最近のお部屋では和室のベッド配置なども増えていて

広縁(窓際の3〜4畳のスペース)にソファやちょっと洒落たテーブルなども

あったりしますよね。

そうすると結構いい感じになったりするわけですよね。

( ここで色々写真を載せたいのですが、クライアント様の情報は出せませんし、

他の旅館さんの写真を使うと色々詮索されてしまうので、図でご理解ください。 )


そこでです。

残念ながら、上記の平面図って

どこにでもある

のですよね。


はっきり言ってお客様はいいね。と言ってくれるかもしれませんが、

そうは言いながらも新鮮感非日常感は感じていないと思います。

(だから、リピートしないのです。)


そして、この流れだと次にどっかから来るのが、

『ほにゃららさん。窓側に風呂作りましょうよ!』

という一つ覚え的な提案になるのですが、

残念ながら、露天付客室も時代遅れです。


そこで、覚えて頂きたいのが、

オペレーションで解決できるソリューションです。


それは、

【 お部屋のレイアウトで価値創出 】

です。


よくある旅館の和室に泊まると、広縁に籐の椅子とガラス板のテーブルが

対(つい)に置いてあって、座布団に座るよりも先に座って、

『 いやーー 、やっと着いたねー ・・・・ 』

なんて会話を始めるんですよね。


でも、このようなレイアウトにしてみたらどうでしょう ↓↓↓↓ 。

和室3.jpg
このレイアウトで眺めの良いお部屋なら、

『 いやーー 、やっと着いたねー ・・・・ 』

が、

『 うわーー。 すごい眺めだねー。癒されるーー。 』

に変わるでしょう。


さらに、こんなレイアウトならどうでしょう ↓↓↓↓ 。

和室4.jpg
部屋に入った瞬間に、

『 うわっ。 なにこれっ。 』

というお客様のコメントに間髪入れず、仲居さんが

『 今はいい季節なので窓を少し開けて寝ると、森の香りが

  アロマになって最高なんですよ。 』

なんて、気の利いたことを話してくれたら、『この宿 最高!』ってなりますよ。


さらに、こんなお部屋なら ↓↓↓↓ 。

和室5.jpg
全く新しいお部屋の使い方が生まれて、

お客様のコメントは、、、、、、、 なんて言うんでしょうね♪♪


以下のように ↓↓↓↓ 

和室6.jpg
広縁が新しい空間となり、新商品創出の場となります。


このようにレイアウト一つにしても価値創出はできます。


1軒の宿の1タイプのお部屋でも以下のように、

和室7.jpg

レイアウトで4種類のお部屋が作れるとしたらどうでしょう?


視点を変えることで、商品開発の可能性は無限になります。


どうですか? 可能性を感じませんか?

面白いと思いませんか?


当社は悩むお宿の味方です。

お時間がございましたら、ぜひ勉強会にご参加ください。

日程が合わなければ、メールでも電話でもお気軽にお声掛けください。

当社、無尽蔵のアイデアで一緒に解決していきます。


『4種類のレイアウトやってみたい!』

と思う方は

ぜひFACEBOOKのページでいいね!お願いします。

Facebook-Logo.jpg
【【実践!旅館集客テクニック】の最新記事】
posted by bantomoskyline at 23:05 | TrackBack(0) | 【実践!旅館集客テクニック】
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77175086
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック