2011年11月15日

【旅館再生:考】 旅館の売店のあり方B



検索キーワード経由で当社のブログにお越しになる方で、

最近一番多いキーワードはというと、

そう、 売店 である。

他にもイールドマネージメントとかも多いが、

最近のダントツは売店


それも検索ワードは、

売店 + 売り方 とか、

売店 + 販売方法 とか、

売店 + 改装 とか

いずれも売上を増やす方向で考えているようである。


では、売上を増やすにはどうすればいいか。 以前にアップした

旅館の売店のあり方@Aでは、結局売店を閉めた事まで

載せさせて頂いた。(その後の経過はまた後日とさせて頂く)


お土産の配置だとか、地産地消が良いとか、フェイスが取れてないとか、

動線の問題だとか、まぁ色々ある。


どれも大事。


でも、もっと大事なことがある。

それは、売店のコンセプト


太くて、強くて、ぶれない売店のコンセプトがあれば、

時流に乗るとか、他の売店で売れているからとか、仕入が安いとか、

横やりが入り、結果的に売上が減少するきっかけを避ける事が出来る。


ぶれないから余計な仕入が発生しないのでロス率は下がる。

ぶれないから商品選定の時間が削減できる。

ぶれないからオンリーワンになって、他旅館に宿泊しているお客様まで

買いに来る。


コンセプト。それが一番。


どうしてもドン・キホーテっぽく圧縮陳列してやってみたいというお題を頂いて、

力技で売上を無理やり引き上げたやり方もあるが、仕入やPOPメンテナンス、

固定人員配置、商品陳列方法など長期の継続が必要になってくる事もあり

おススメしない。

かなりの意識改革が必要であることと、コンセプトのブレがここまで来ると

修正が難しくなってくる場合が大きい。


話が変わるが、先日売店卸業者さんが中心になって旅館の売店の改装があり、

旅館オーナーさんからセカンドオピニオンを求められて立ち会った。

業者さんは売店コンセプトを『地産地消』に決めて『地産地消』商品を揃えたと

言っていた。

『地元で生産される饅頭』、同じく『漬物』、『地酒』、『織物』、『民芸品』の数々。

どれも確かに『地産地消』である。

しかし、どれも『明らかに近隣の売店で売っている』商品の寄せ集めであった。


コンセプトを決めたのは良かったが、売れないのが目に見えていた。

改装オープンまで時間が無かったので、応急処置として2点アドバイスさせて頂いた。

@周辺5km圏内の売店を全て調査しカテゴリーごとに売れ線上位3位までは

同じ商品を仕入れる。

それ以外の商品は一切のバッティングをさせない。

A『地産地消』とは謳わない。


その結果、

商品数は半分になり、売上は1.5倍になった。

そして、売れ線商品の仕入れ値が50円下がった。



ここで、『プロフェッショナル 仕事の流儀』であれば、

スガシカオさん(KOKUA)のProgress が流れるんであろうが

e0126751_1441042.jpg

ここではあの『じゃららん、じゃららん じゃらららーん』が流れることはないし、

『プロとは、、、』なんて語れるほどをやらせてもらっていない。

ただ、そのほかの販売のお手伝いをさせて頂いている事位。


もちろんすぐに効果が出る場合と出ない場合があるが、

『地産地消』という寄り道をしなかった事が今回のポイントだったと思う。


ここで一句

『気をつけよう 地産地消と そのPOP』


最後に、あくまでも『地産地消』は悪いとは言ってない。その本質を理解できないのに
使ってはいけない、と言いたいだけです。

『ためになった!』と思う方は

ぜひFACEBOOKのページでいいね!お願いします。

images.jpg 

↓↓↓
 このブログ繋がりでおススメのブログはこちら 
↓↓↓

【遺産型旅館1.0】 A集客に困ったら ⇒ 施設改修?

【遺産型旅館1.0】 @1泊2食で成り立つ旅館商売


コンセプト創研ブログ2-1.jpg
higasi-1.png
【【旅館再生:考】の最新記事】
posted by bantomoskyline at 22:27 | TrackBack(0) | 【旅館再生:考】
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50464938
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック