2012年07月10日

【旅館再生:考】 アメリカ西海岸 知らなきゃ損する革新的ホテル情報(2)

アメリカ大好き! な私がご紹介する、

あなたの知らない革新的ホテル事情!!!!


アメリカ西海岸の内陸リゾートでも有数の人気を誇る

パームスプリングスから情報をお届けします。

DSC07412-1.jpg

LAの復習になってしまいますが、今後の旅館ホテル業界の様子が垣間見えました。


以前から海外では、ホテルの名前が変わることが多いのですが、今回の西海岸訪問

ではさらに加速している様に感じました。


ホテルの名前が変わる = オーナーチェンジ

という印象が強い日本ですが、海外では投資対象として存在しているケースが多く、

立地条件や投資条件として良好なものは、


ホテルの名前が変わる = 運営会社が変わる

の方が多いのかもしれません。


ヒルトンやシェラトン、マリオット、ハイアット、オークウッド、リッツ、ウェスティン・・など、

良く知られる海外のホテルチェーンがそれです。

hilton hoel.jpeg


日本にもその波は来ていて、最近のホテル旅館チェーンの隆盛はその流れです。

そして、今後もこの流れは加速していくことでしょう。

チェーン店の強さ

それは、やはり多面的ノウハウの蓄積です。


広範囲において様々なお客様の要望・クレーム等を受けることにより改善が繰り返され、

より強靭な経営体制を整えることができます。


これは約40年前に日本に始まったコンビニエンスストアと同様の流れです。


多店舗化を考えていない宿にとっては、チェーン店の台頭は

今後検討必須の事項になることでしょう。


例えば、マリオット系のチェーンだけでもこれだけあります。

marriott.jpg

エリアに応じて、ブランド名や料金、客層、運営方式を変えて様々な施設で

運営対応できるようにしています。


例えばどうでしょう、

あなたの宿の地域に、次から次と新しいチェーンが波を起こして来たら?


波が来てから対応しても遅いのです。

波が来る前に対応しなければ。。。


では、どうするか?

答えは一つです。

チェーン店が出来ない事をする。


お客様は無いものねだりです。

世の中に無く、魅力的なものを提供するのです。

とことん。



『何年ごとに運営会社が変わっているか、知りたい!』と思う方は

ぜひFACEBOOKのページでいいね!お願いします。

images.jpg 

↓↓↓
 このブログ繋がりでおススメのブログはこちら 
↓↓↓

【旅館再生:考】 アメリカ西海岸 知らなきゃ損する革新的ホテル情報(1)

【旅館再生:考】 アメリカ西海岸 知らなきゃ損する革新的ホテル情報(3)

じゃらんセミナー5.jpg
posted by bantomoskyline at 17:41 | TrackBack(0) | 【旅館再生:考】